ノートのコピーを Word で開き、印刷などの処理を行うとができます。 プレゼンテーションを開き、[ ファイル ]、[ エクスポート ] の順に選びます。 [ エクスポート ] パネルで、[ 配布資料の作成 ] を選びま … パワーポイントのノートを印刷 解説記事内の画像はPowerPoint 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。 PowerPoint 2016, 2013, 2010 今回は、PowerPoint(パワーポイント)でノート付きで印刷する方法と1ページに2スライドで印刷する方法をご紹介します。パワーポイントでノート付きで印刷する方法やり方はとっても簡単です。「ファイル」タブをクリックして「印刷」をクリックノ 解説記事内の画像はPowerPoint 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。 PowerPoint 2010, 2007; PowerPoint 2016・2013での操作方法については「パワーポイントのノート機能【PowerPoint・パワポ 2016・2013編】」をご覧ください。 プレゼンでスライドごとに印刷したメモを見たい場合、パワーポイントでノートを印刷すると便利です。サムネイルを含めて印刷したり、ノートのみを印刷したり、複数のスライドとノートを1ページにまとめて印刷する方法をそれぞれ解説しています。 [印刷レイアウト]: スライドだけを印刷するか、発表者のノートだけを印刷するか、アウトラインを印刷するか、配布資料を印刷するかを選択します。 アウトラインは、スライド上のテキストのみを印刷し、イメージは印刷しません。 パワーポイント「ノート」機能の使い方 作成から印刷まで.

PowerPointはプレゼンテーションのスライドを作成するだけでなく、プレゼンテーション会場に発表者が持ち込む自分用のメモの作成や印刷も行 … ノートの入力や書式設定は標準表示モードで行うことができますが、作成したノートがどのように印刷されるかを確認するには、またテキストの書式設定 (フォントの色など) の効果を確認するには、ノート表示モードに切り替えます。 PowerPoint 2010・2013の場合、Office 2010から採用された[ファイル]タブをクリックすると表示されるBackStage内で印刷プレビューが行われます。 この印刷プレビューの状態で、上記のようにノート印刷の設定もできます。 PowerPoint 2007のノート印刷 PowerPoint 2010でプレゼン中に発表者用のノートを確認したい場合、そのノートを印刷することもできます。[ファイル]タブを開き、[印刷]を選択して、印刷対象を[ノート]に変更します。