2月に贈る手紙で使える時候の挨拶を結びの言葉とセットでご紹介します。初旬・上旬・中旬・下旬ごとに用いるべきフレーズ例文を季語と一緒にピックアップ。「の候」の使い方を含め、ビジネス文書や学校ptaの手紙、カジュアルなお礼状でも有効な挨拶集をご覧ください。 手紙を書くことも少なくなった近年、時候の挨拶を使った手紙を書くことができますか?書けないという方のために、今回は2月に手紙を書く際の季節の挨拶である時候の挨拶や季語について、上旬・中旬・下旬に分けてご紹介します。日本人のマナーとして知っておきたいです。

2月下旬(2月21日~28日)に書く手紙の書き出し・時候の挨拶例文 解氷の候、貴社におかれましては、まずますご清栄のこととお慶び申し上げます。 浅春の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。 手紙の書き出しに入るものです。冬の時候や季節の挨拶文を書くためにはどのような時候にすればよいのか、12月、1月、2月の月ごとにまとめました。その月それぞれにあった時候の挨拶、手紙の書き出しや結び、そして月名の由来も一緒にご紹介します。 2月の季節に使える手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文を多数集めておりますので、挨拶文をどう書けばいいかお困りの方は是非ご参考になさってみて下さい。 手紙 書き出しの文例 2月を最後までお読下さいましてありがとうございます。 手紙 2月 【如月】の書き出しの言葉 に関するトラックバックやコメントを受け付けています。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶2月下旬の書き出しの言葉.

手紙やメールで季節の挨拶をすると、手紙の書き方がしっかりしていると相手に好印象を与えることができます。1月から12月まで、月ごとに違う書き出しや結び、季語を盛り込んだ時候の挨拶をまとめましたので、参考にしてみてください。 東風が氷を解かすころとなりました。皆様にはつつがなくお過ごしでしょうか。 2月の上旬、中旬、下旬によって違う手紙の書き出し. 2月上旬の頃の書き出し ・立春の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。 ・暦の上では春となりました。本格的な春が待たれ … 2月の時候の挨拶(季節の挨拶)|上旬~下旬の書き出しと結び|ビジネスからカジュアルまで. 手紙を書く時に、一番手が止まるのが最初の書き出しの言葉ではないでしょうか。 インターネットで調べても、この今手紙を書く日にちの書き出しの言葉としてあっているのか悩みますね。 ここでは2月上旬の書き出しの言葉と結びの言葉、 2月の手紙の書き出しと結びの慣用表現を紹介します。 2月は冷え込みが厳しい反面、暦の上では春を迎え、少しずつ過ごしやすくなってくる月でもあります。 手紙の書き出し文、 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月の月別の手紙の書き出し文の書き方と例文集・文例集・サンプルページ、ビジネス・会社関係の見本一覧。 お礼状やお知らせなど、手紙を書こうと思っても、なんて書けばよいのか、これって失礼に当たるのか、と躊躇したりしますよね。 ここでは2月に手紙やハガキを書く際の、書き出しと結びの言葉をお伝えします。 主文(用件)をあてはめれ 立春を迎え、暦の上では春となる2月。1月に書かれる寒中見舞いに対して、節分以降の寒さが残る時期に相手の健康を気遣って送る手紙を「余寒見舞い」と言います。受験生を持つご家庭では親戚に合否の報告の手紙を書いたり、逆に受け取っ・・・